太陽光発電システムのすべてが分かる情報ステーション

発電量 定期検診サービス

■「発電量の定期検診サービス」(10年継続保証)(※1)

発電量 定期検診サービス
太陽光発電システムの心配は何と言っても「我が家の太陽光発電はちゃんと発電しているのか?」ということ。
過去、太陽光発電システムは「メンテナンスフリー」と言われていました。
しかし、最近の研究機関(独立行政法人産業技術総合研究所:つくば市)の発表では12年間で約3割に何らかの故障が発生しているというデータもあります。(※2)
もちろん100%完全ではないことを想定して太陽光発電システムにはメーカーが提供する「10年保証」という保証制度があります。ところがこの10年保証もじつは万全ではないのです。
なぜなら、太陽光発電の場合、そもそも「故障か故障でないか」の判定が非常に困難である、からです。パネルの一部が故障していても発電そのものはしてしまい、刻一刻と変化する発電量が正しいかどうか判定できないのです。そして「故障に気づかない」まま放置されるケースが非常に多いのです。
これは人間の病気と同じです。痛みを感じなければたとえ病気を持っていてもそれと気づかず、そして気づいた時には「時すでに遅し」となるのです。人間も「定期検診」をしていれば血圧や血糖値など様々な数値を観察することにより病気を発見することができます。じつは太陽光発電もまったく同じなのです。
※1「発電量の定期検診サービス」は発電マンのオリジナルサービスです。他社では行っていません。(2010年10月現在)

※2「太陽光発電の不具合事例ファイル」(2010年 日刊工業新聞社刊 加藤和彦著)


なぜ10年間も発電量をチェックしなければならないのか? 

「発電量の定期検診」とは・・・・

そこで発電マンでは定期的に発電量をチェック、それにより故障かどうかを早期に判断するサービスを無料で行っています。(弊社にて設置の場合に限る)もちろん天候など発電量の不確定要因はたくさんあるため、一人のデータだけでは故障と気づきません。しかし、弊社が過去から蓄積してきたデータや周辺地域の他の設置者のデータと比較検討することによって異常を早期に発見することができるのです。そして万一故障が疑われた場合は直ちに点検し必要に応じてメーカーサービスと連動し処置をします。人間も太陽光も「故障は早期に発見し、早期に処置すること」がもっとも重要なのです。


お客様にやっていただく作業はカンタンです!

毎月ハガキかメールで発電量などのデータをご報告いただくだけです。(下図参照)
毎月いただいたデータをもとに一年後にはその数値をまとめて表にし、お客様にフィードバック。それを原則10年間続けることをお約束しています。これにより、せっかく高いお金を払って設置故障に気づかず10年保証の期間を過ぎてしまうといった大きな損害を未然に防ぐことができるのです。

(毎月はがきなどで発電量などをご報告いただき、弊社でデータをまとめていきます↓ )
発電量 定期検診

≪発電量の定期検診サービスによる5つのメリット(まとめ)≫

  1. 長期にわたって発電量・消費量の推移が把握できる。
  2. 発電量の変化をチェックすることによって故障が早期に発見できる。
  3. 故障が疑われた場合、弊社スタッフが現場に急行、点検する。
  4. 万一故障の場合はただちにメーカーサービスに連絡、発電不足による損害を最小限にする。
  5. 気軽に相談できる「太陽光のお医者さん(=発電マン)」が近くにいることによって何よりも安心。

太陽光発電のことなら何でもご相談下さい。 TEL 054-273-2828 受付時間 9:00 - 18:00 [ 定休日:水曜日 ]

PAGETOP
Copyright © 発電マン・ベリーズ株式会社  All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.